トレックプロ

Camping Mattress

キャンピングマットレスについての考察。
※別に Cascade Design 社のマワシ者ではございません。

Exif_JPEG_PICTURE

自身の持っているマットレスは Cascade Design社の Therm-A-Rest Original(写真左)。
かれこれ20年、野営時は必ず使用している頼りになる奴。何十泊使っているんだろうか。
これ、実は高校1年の初バイトのお給料で買ったモノなのです。
厚さ約3.5cm の セルフインフレータブルマットレス。
バルブを開けて日向にてほったらかしにしとくとウレタンの復元力で自動的に膨らむ代物。
ちょっと口で空気入れてバルブを閉じれば、ウレタンフォームと空気によって快適なマットレスの出来上がり。
ただ、収納時は若干嵩張るのが玉に瑕。

先日の野営に先立って、彼女さんがマットレスを購入。
我が趣味にお付き合いいただき感謝。

モノは Therm-A-Rest の Trail Pro。(写真右)
寒がりなので、厚めのモノをアドバイスした上で購入してくれたのですが・・・。
すばらしいです、コレ。
まず、厚さが5cm。エアを8割がたにして入れとくとフッカフカ。
これを横に並べると、僕のマットレスはセンベイ布団に感じます(笑
それと収納。タテに半分に折った上でのロールアップ。
今では当たり前かもしれませんが、ボクの持っているモノはロールアップしてハイオワリ・・・ですから。
すっごく小さく畳めます。
体の冷えやすい場所・そうでない場所に応じてウレタンを肉抜きしているようです。
そのため、小さく畳めるんでしょうね。

道具は進化しているんだなぁ。スバラシイ。
今後も、ドンドン使ってほしいです。

ボクは今までの古いブツを使います・・・。如何せん まだまだ使えるし、とにかく大往生するまで使います。
パンクしても直せばいい。

とにかく、キャンプ用マットレスは Therm-A-Rest(サーモアレスト)。
これで決まりです。

エアマットのパンクが気になる方は・・・
これまた Cascade Design社の Ridge Rest / Z Rest もおすすめ。